燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年4月の消費税増税が決定し、新車購入にもこれから駆け込み購入が予想されています。9月の新車販売動向を見てみると、昨年同月比18.1%増の44.6万台となり、ここ数ヶ月間エコカー補助金の終了で落ち込んでいた新車販売台数が復活したのは、新型車の発売と駆け込み受注によるものと思われます

... 続きを読む
スポンサーサイト
東北・関東を中心に未曾有の被害をもたらした震災で、多くの自動車メーカーや部品工場が生産ストップを余儀なくされていたが、5月に入り生産も次第に回復、100%とまでは行かないまでも、6月以降は80~90%程度まで生産が回復するという... 続きを読む
レクサスからプレミアムコンパクトのCTが2011年1月に発売された。レクサスのエントリーモデルにあたりハイブリッド専用モデルとなっている。
駆動方式はFFで、現行のプリウスとほぼ同じ1.8Lエンジン+レクサス・ハイブリッドドライブ技術を組み合わせた。気になる10・15モード燃費は、ベースモデルで34.0km/Lが実現されている

... 続きを読む
8月にフルモデルチェンジした日産エルグランドは駆動方式を従来のFRからFFに変更され、低床化が実現された。走りの性能、燃費性能の向上が図られ、益々ゴージャスな車に仕上がっている

... 続きを読む
1982年にデビューして以来、誰もが知る国民的コンパクトカーの地位を築いてきたニッサン・マーチが4代目へとフルモデルチェンジした。一見すると、先代からのキープコンセプトのようだが、「これまでのマーチを進化させたのではなく、まったく新しいコンパクトカー」、実はその中身や役割は大変身を遂げた。


... 続きを読む
トヨタ自動車は2009年10月21日、V10エンジン搭載の2シータースポーツ「レクサス LFA」を発表。東京モーターショー2009の会場にプロトタイプを出展した。LFAはレクサスブランドのプレミアムスポーツを示す「F」の頂点に立つクルマ。小型軽量化した新開発の4.8L V10エンジンを、フロントミッドシップに搭載して後輪を駆動。

最高出力412kW(560PS)/8700rpm、最大トルク480Nm(48.9kgm)を発揮するまさにスーパースポーツカー。2000年から開発着手されていたこの車、トヨタが世界レベルの企業になったとはいえ、この車は何台売れるのだろうか・・・

... 続きを読む
今回は珍しくアメリカ車のグランドチェロキーについて調べてみました。一時期はかなりあちこちで見かけたこの車、ジープ・グランドチェロキー (Jeep Grand Cherokee) は、ジープブランドで販売されるクライスラーのSUV車。価格帯は530万~748万円と外観は押し出しの強い男っぽい車ですが中身はかなりのラグジュアリーカーです

... 続きを読む
現在三菱のシャリオに乗っている私としてはやっぱりミニバンが気になります。ミニバンといえば爆発的に売れたHONDAオデッセイ。

現在はトヨタのエスティマに王座を奪われるものの根強い人気のミニバンといてると思います。特に現行のオデッセイは乗用車並みに車高を低くしながらも車内空間は以前とほとんど変わらないくらいに確保されているという
... 続きを読む
プリウス・インサイトなどのハイブリッドカーが人気ですが、ヨーロッパではクリーンディーゼルと呼ばれるディーゼル車が人気です。もともとガソリンよりも燃料費が安く、人気であったディーゼル車ですが、日本では乗用車ではほとんど見掛けなくなりました。

原因は発進時、加速時にでる黒い煙NOxですが、ガソリン車にはないトルクフルな走りを生かす方法はなかったのでしょうか・・・

... 続きを読む
97年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売以来、世界各国で評価されてきた『プリウス』の3代目と、99年ホンダから2人乗りクーペとして登場した『インサイト』の2代目が、09年まさに激突! 勝者はどちらなのか!?
少しでもクルマに興味がある人が集まると話題になるのが、『プリウス』と『インサイト』のどちらがいいか、ということ。 

... 続きを読む


Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。