アルファード/ベルファイアの燃費は?など、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルファードは2002年5月発売で「グランビア」/「レジアス」/「ツーリングハイエース」/「グランドハイエース」の統合後継モデルとして登場・発売されました。

グランビアの時代にはエルグランドに大差をつけられていたが、アルファードでは車両価格、燃費、税制面で有利な4気筒・2.4Lエンジンの設定(これはエルグランドが後に2.5Lエンジンを追加設定するきっかけとなった)が功を奏し、グランビア時代の屈辱を晴らすかのような驚異的なセールスで、国内のLクラスミニバン市場においてトップとなりました。

同クラスではエルグランドと人気を二分しているが、エルグランドが現在の日産車に共通する「モダンリビング」のインテリアや初代から受け継がれたインパクトのある洗練されたエクステリアを持つのに対し、アルファードは木目と革がふんだんに使われた豪華なインテリアと、わかりやすいまでの押し出しの強いエクステリアを持ち、二代目となった今も多くのミニバンファンの注目を集めています

アルファードは2008年5月、約6年ぶりにフルモデルチェンジされました。

直4・2.4Lの2AZ-FEは継続されたが、V6はエスティマと同じ3.5Lが用意されました。2.4LはCVT、3.5Lは6速ATを新たに採用し、エスティマの上級車種というポジショニングを明確にするためかグレード構成はどちらかというと3.5Lのほうに重きが置かれているようです。

「アルファード」はネーミングから「G」がとれトヨペット店の専売となり、ネッツ店からは新たにヴェルファイアが発売されました。先代にあったハイブリッドモデルは今のところ設定されていません。

気になる燃費は10・15モードで2.4Lモデルが11.6km 3.5Lモデルは約9kmとガソリン代は気になりませんって人じゃないと維持が大変ですね・・・

乗車定員は先代に引き続き7人乗りと8人乗りが用意されるが、前者はキャプテンシート仕様となっています。2代目となって進化したアルファードは、ますます人気を集めそうですが、ガソリン高騰が続く中、ハイブリッドモデルを待っている人も多いのではないでしょうか…



Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。