世界が注目する新型ハイブリッドレクサスHS250hデビュー!など、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レクサスブランド初のハイブリッド専用車となるレクサスHS250hがついにデビュー。同クラスのクルマの2倍を目指した燃費性能、レクサスの上質さとハイブリッド車の先進性を追求したインテリアなど、まるで“小さな高級車”とも言えそうなクオリティの高さに、メインマーケットの北米だけでなく、国内からも期待と注目が集まっている。


トヨタ自動車は2009年7月14日、レクサスブランド初のハイブリッド専用車「レクサスHS250h」を発売した。2.4Lエンジンを積むFFの4ドアセダンで、10-15モード燃費は23km/L、車両本体価格は395万~535万円だ。日本での販売目標は月間500台だが、トヨタによれば7月14日時点で既に3000台を受注しているという。

車名の「HS」はHarmonious(調和)とSedan(セダン)の頭文字で、環境や人、上質との調和を備えたクルマという意味が込められている。また「250」は2.5Lクラスの動力性能、末尾の「h」はハイブリッド車を示す。

エンジンは2.4L直列4気筒の2AX-FXE型で、圧縮比よりも膨張比を高めて熱効率を向上したアトキンソンサイクルをプリウスと同様に採用、最大出力110kW(150)/6000rpm、最大トルク187Nm(19.1kgm)/4400rpmを発揮する。モーターは最高出力 105kW(143PS)、最大トルク270Nm(27.5kgm)だ。

エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム全体の最高出力は140kW(190PS)に達し、新型プリウスの 100kW(136PS)よりも38%大きい。運転モードは標準以外に燃費優先の「ECOモード」、動力性能優先の「PWRモード」、バッテリー残量が十分ならモーターだけで走行する「EVモード」に切り替えられる。

トランスミッションはトヨタのハイブリッドシステム「THS II」共通の、遊星歯車を使った電気式CVT(無段変速機)だ。新形プリウスと同様に、減速ギアを介してモーターを接続してトルクを増幅し、システム全体の小型化に寄与している。さらに排気熱を利用して冷却水を温め、特に外気温が低い状態で燃費を向上する排気熱再循環システムなど、とことん無駄を排除する工夫が盛り込まれている。

23km/Lの10-15モード燃費は、プリウスと同様に同クラスのクルマの2倍の数値を目指したもの。レクサスISの2.5Lモデル(2WD車)が11.8km/Lだから、ほぼ目標を達成している。トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」と比較しても、1L FF CVT車の22km/Lを超える優秀な値だ。



Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。