ホンダインサイトとトヨタプリウス比較など、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
97年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売以来、世界各国で評価されてきた『プリウス』の3代目と、99年ホンダから2人乗りクーペとして登場した『インサイト』の2代目が、09年まさに激突! 勝者はどちらなのか!?
少しでもクルマに興味がある人が集まると話題になるのが、『プリウス』と『インサイト』のどちらがいいか、ということ。 

2月に発売された『インサイト』が4月度の乗用車販売台数で1位を獲得したかと思うと、5月デビューの『プリウス』は、発売1か月で何と18万台の発注をゲット。そのため、すでに納車半年待ちという事態も発生している。 

その半年待ちという事態は思わぬ余波を生んでいる。多くのユーザーは大抵、車検3か月前位から次のクルマの検討に入る。しかし、『プリウス』は半年待ちなので、3か月前の検討では車検期限をオーバーしてしまう。そのため『プリウス』を買いに来た客が、他のクルマを購入するというケースが出はじめているという。『プリウス』はトヨタにとって実需になっているうえ、来店ツールにもなっているのだ。

『インサイト』はこの『プリウス』の勢いの前にやや押され気味だが、冷静に考えてみると、『プリウス』はトヨタ全ディーラー(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)の約4900拠点での販売。一方、『インサイト』はホンダカーズの約800拠点での販売のみなので、そもそも拠点数で勝負にならないのだ。仮に各ディーラーが10台売った場合を考えると、トヨタは4万9000台、ホンダはわずか8000台となる。
よって、販売台数や納期などに惑わされず、両車の長所、短所を知り、賢いハイブリッドカー選びをすることが賢明だといえる。

ホンダ『インサイト』は、5ナンバーサイズのコンパクト5ドア!『プリウス』とボディーシルエットは似ているが、全幅は『インサイト』のほうが50mmも狭く、5ナンバー枠に収まっている。全高も65mmも『インサイト』のほうが低い。2台を実車で比較すると『インサイト』のほうが一回り小さい。これは狭い日本では利点!

一方、トヨタ『プリウス』スポーティーなイメージを強調。ボディーは2代目より全長が15mm、全幅が20mm大きくなった。ヘッドライトからテールランプにかけてのウエッジシェープがスポーツ性を強調。小さめのドアウインドーはクーペ的な効果を狙っている。空気抵抗値も世界トップレベルの0.25を実現。

ホンダ『インサイト』渋滞が不得意なハイブリッド。今回のテストでは『インサイト』が不得意としている渋滞区間(アイドリングストップしても、すぐにエンジンがかかってしまう)が少ないことが、この好燃費に結びついた。同時に得意とする高速巡航区間での省燃費走行も好結果の要因か。

トヨタ『プリウス』新基準カタログ燃費でも世界トップ!実は今、クルマ界はカタログ燃費基準の移行期にある。『プリウス』は、これまでの基準値では、35.5~38.0km/Lだが、新基準のJCO8モードでは、30.4~32.6kmL。それでも国産車だけでなく世界中のどのエコカーより好燃費となった。





Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。