.スバル・レガシィがフルモデルチェンジ!大型化しても価格は据え置きなど、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士重工業は2009年5月20日、同社の基幹車種スバル「レガシィ」をフルモデルチェンジして発売した。5代目となる新型レガシィは、主力グレードのエンジン排気量を従来の2Lから2.5Lにアップ、ボディーも一回り大型化した。にもかかわらず車両本体価格は、従来モデルとほぼ同等の220万 5000~370万1250円に抑えたのが特徴だ。

新型レガシィのボディータイプは5ドアワゴンの「ツーリングワゴン」、4ドアセダンの「B4」、ワゴンの車高を高めて悪路走破性を向上した「アウトバック」の3種類。ボディーサイズはツーリングワゴンが全長4775×全幅1780×全高1535mmで、従来モデルの 4680×1730×1470mmと比べると、全長95×全幅50×全高65mmだけ大型化している。

開発責任者の日月丈志(たちもり・たけし)スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーは、ボディーサイズ拡大の理由を「中心価格帯が 300万円クラスのクルマとしては、先代レガシィは室内が狭かった。国内のユーザーに受け入れられる車体サイズで、欧米ではトヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』のセグメントで通じる広さを実現した」と語る。

室内を広くするために、4回目のフルモデルチェンジで初めてシートレイアウトを見直した。前席左右の着座間隔(カップルディスタンス)を 30mm、前後席の着座間隔を68mm拡大し、居住空間のゆとりは大きく増した。ボディー全高を65mm高めたことも、広さの実現に寄与している。これまでのレガシィは背が低めのスポーティーなプロポーションだったが、5代目では快適性重視で背が高めと、パッケージングのコンセプトを大きく変えている。

エンジンはスバル伝統の水平対向タイプで、2.5L4気筒SOHC、2.5L4気筒DOHCターボ、3.6L6気筒DOHCの3種類を用意する。最高出力とトルクは、2.5Lが125kW(170PS)/229Nm(23.4kgm)、2.5Lターボが210kW(285PS) /350Nm(35.7kgm)、3.6Lが191kW(260PS)/335Nm(34.2kgm)。トランスミッションは2.5Lが新開発のCVT 「リニアトロニック」、2.5Lターボが6速MTまたは5速AT、3.6Lモデルが5速ATとの組みあわせだ。駆動方式はすべて、富士重工業が「AWD」と呼ぶ4輪駆動方式を採用している。
 
シリンダーを左右2気筒ずつ水平に配置する水平対向エンジン。写真は2.5L DOHCターボで、エンジン上部に吸気冷却用のアルミ製空冷インタークーラーを装備、ツーリングワゴンとB4に搭載する
2.5L SOHCはツーリングワゴン、B4、アウトバックすべてのボディータイプに搭載 3.6L DOHCはアウトバック専用

注目のリニアトロニックは、スバルの水平対向エンジン搭載車としては初のCVTで、富士重工が新たに自社開発したもの。エンジンの効率がいい回転領域を積極的に利用できるCVTのメリットを生かして、従来の4速ATよりも6~10%燃費性能を改善した。このおかげで2.5L+リニアトロニック搭載車の10-15モード燃費は14km/Lと、従来モデルの2L+4速ATと同等の燃費性能を実現している。


Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。