HONDA オデッセイは中古車市場でも人気!?など、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在三菱のシャリオに乗っている私としてはやっぱりミニバンが気になります。ミニバンといえば爆発的に売れたHONDAオデッセイ。

現在はトヨタのエスティマに王座を奪われるものの根強い人気のミニバンといてると思います。特に現行のオデッセイは乗用車並みに車高を低くしながらも車内空間は以前とほとんど変わらないくらいに確保されているという
初代オデッセイは1994-1999年まで製造された。型式はRA1/2/3/4/5型。エンジンは2.2Lとその後発売されたミニバンに比較すると若干非力ではあったが、スタイルが受けた事、若者向けのパーツも多数発売され1995年には、125,590台を販売、オーバー2Lの3ナンバー普通自動車クラスの販売台数ではトップのクラウンを抜き去った。

2代目は1999-2003年型式はRA6/7/8/9型となった。デザインやコンセプトなどはキープコンセプトであったが、エンジンは2.3Lとなりまた上級グレードのV6Prestige(プレステージ)やスポーティー志向のAbsolute(アブソルート)もあり、高い人気を誇った。

3代目は2003-2008年に発売されたRB1/2型。低床プラットフォームにより、ミニバンとしては異例の立体駐車場に入庫可能な1,550mmに全高が収まり、先代よりもかなりスポーティー度が高まった。車名ロゴが初代から継続されていた「ODYSSEY」から「OdyssEy」に変更された。

V6モデルは廃止となったが、エンジンはK24A型 2.4L 直4 DOHC i-VTECとなり標準:160PS、Absolute:200PSと必要十分な走行性能を持ち合わせている

現行モデルは2008年から発売されている。型式はRB3/4型となった。車名ロゴが3代目に使用されている「OdyssEy」から初代から2代目に使用されていた「ODYSSEY」に戻された。

4代目には新技術として、車両の挙動の乱れを安定方向にアシストする「モーションアダプティブEPS」や魚眼CCDカメラにより死角の低減や車庫入れなどの支援をする「マルチビューカメラシステム」を搭載し、走行安全性と運転のしやすさが充実した。

エンジンは、3代目と同じくK24A型が搭載されるが、ハイオクガソリン指定の「アブソルート」が206PS(151kw)・23.7kg·m(232N·m)、その他が173PS(127kw)・22.4kg·m(220N·m)にパワーアップされるのと同時に燃費も向上され、特に「M」・「L」・「Li」のFF車は「平成22年度燃費基準+25%」を達成となった。

販売価格帯が239.0万~361.0万円となっているので販売台数は現在は伸び悩んでいるが、低床低重心によるそのスポーティーな走りと充実した装備で中古車市場でも人気が高い





Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。