消費税アップでどうなる!?新車の人気車に変動が・・・など、燃費のいい車や気になる車を紹介。車選びの参考に…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年4月の消費税増税が決定し、新車購入にもこれから駆け込み購入が予想されています。9月の新車販売動向を見てみると、昨年同月比18.1%増の44.6万台となり、ここ数ヶ月間エコカー補助金の終了で落ち込んでいた新車販売台数が復活したのは、新型車の発売と駆け込み受注によるものと思われます

販売台数の大幅な伸びは、好調な軽自動車の販売がけん引しているのは間違いないが、1位は「トヨタ アクア」が2万6543台、前年同月比20.4%増で3カ月連続トップ。以下、2位「ホンダ N BOX」同19.1%増、3位「トヨタ プリウス(α含む)」、同4.4%増、4位「ホンダ フィット」同55.0%増、5位「ダイハツ ムーヴ」、同70.1%増、6位「ダイハツ ミラ」同10.1%増、7位「日産 ノート」同14.7%減、8位「スズキ ワゴンR」同26.0%減、9位「日産 デイズ」10位「スズキ スペーシア」と続く。

ホンダフィットは前月15位から4位にジャンプアップしているが、上位10位のうち6車種は軽自動車、プリウス以外は1.5L未満の小型車が占めており、低迷している経済状況を反映した結果となっているが、反面、輸入車は前年同月比119%増と、大幅な伸び。

輸入各社も欧米で人気を博している低燃費車を中心に伸びており、メルセデス・ベンツが7229台、前年同月比36.4%増。VW(フォルクスワーゲン)、同22.3%増で2位、以下、3位BMW同16.2%増、、4位アウディ10.3%増、5位ボルボ2168台/同29.9%増と続く。

一時より円安となってはいるが、燃費も向上した輸入車は、買い得感からかよく売れているようだが、好調なグレードはAクラス、今まではCクラス、Eクラスの隠れた存在だったが、今年1月に発馬された新Aクラスは割安感もあって輸入車の国内市場を引っ張ることに貢献している


Copyright © 間違わない車選び 気になる新車・中古車とマイカー情報 All Rights Reserved.
きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。